COMECOME CLUB
入れ歯について
十数年前まで私は、「入れ歯は残っている歯をだめにする」と思っていました。しかし小嶋壽(たもつ)先生に出会って『入れ歯が歯を固定し、歯が入れ歯を固定する』という概念と、『そのためにはどのような入れ歯をつくるべきか』という治療法を学び、私の入れ歯にたいする考えと治療法は大きく進歩しました。そして、その中で本当に入れ歯が歯を支え守るということも感じています。精度のいい入れ歯はとくにです。

インプラントを主体でしている先生はよく「入れ歯では噛めない」と言う人がいますが、入れ歯では噛めないのではなく、噛める入れ歯を作れないのでは、と思うことがよくあります。実際インプラントを勧められたが疑問に思い来院され、「入れ歯をもし作ってだめだったらインプラントにしましょう」ということになり、入れ歯を入れた人はほとんどの人が喜んでいただいていて、その後インプラントになったケースはほとんどありません。もちろんそのご他の歯科医院にいかれた場合はべつですが・・・

入れ歯は確かに最初なれるのが大変かもしりませんがいったんなれてしまうとその後は処置もらくで歯が抜けてもその入れ歯にたすこともできる場合もあり、あまりつらい思いをしなくてすむ場合も多いです。
しかしここで正直な話を申しますと、入れ歯は難しいです。入れ歯は百人百様だし、唾液がすくない、顎のほねが吸収していることによるむずかしいケースも多くあります。

それに加え保険では入れ歯は冷遇されているため、真剣にやればやるほど赤字になってしまう。正直で、まじめな先生ほど損をするという結果になりかねないということです。若い先生方がどんどん、入れ歯を否定し離れ、インプラント等にちからを入れるのもわかる気がします。

しかし、入れ歯の最大の利点ははずせること、(欠点でもある)いくらでもやりなおし修正がきき1度なれてしまえば体が不自由になったりしても簡単に補正したりできることです。しかも、入れ歯は勉強をしていくと日々進歩していることがわかります。


〈ミラクルデンチャーの考え方について〉
大阪の中川先生のミラクルデンチャーの考え方があります。それを理論的に言うと難しいのですが、歯というのは、垂直圧に対しては強いが、側方圧には弱いのです。
つまり根元のほうに力が行くように向けることで、歯の負担を少なくしたり、歯のゆれを抑えたりすることも可能になると私は考えています。つまり支点と作用点が近いので歯に無理が来ないのです。例でいうと、木の上の方に紐をひっかけて、遠くから引っ張るとしなりやすいですが、もし根元に紐をひっかけてそこから引っ張ってもそこから動かすことは難しいと思います。この原理を利用した入れ歯を作っていけば、だんだん入れ歯が歯に負担になるどころか、歯を支える入れ歯になることが可能。それは保険医療では不可能なことかもしれませんが、そういう考えのもとに入れ歯を作っていくことが大切なのではないかと思っています。
保険治療で使われる固定装置(クラスプ)は左右にゆすられるため、歯をだめにする可能性があるが、自費治療のクラスプを使えば、左右のゆれは未然に防げるやり方があると思います。
そのほかにもウェルデンツや、スマートデンチャーなど見た目がきれいなだけでなく、口に入れても異物感の少ない、機能性に優れた入れ歯などもあらわれてきているため入れ歯の未来は明るいと思っています。
自然に見える入れ歯について
保険のバネ
スマートデンチャー
総入れ歯について
総入れ歯はトレー法を行い、その後シリコンによる咬合圧印象法、フェイスボウ、リンガライズドオクルージョンなど様々な工夫を凝らして治療を取り入れ、精度を高め、安定した痛くない入れ歯を提供しています。
  • 近年話題の最先端金属です。腐食せず、軽く、アレルギー反応を起こしにくい、身体に優しいチタンを使用します。清潔で、うすく、 熱伝導にも優れています。
  • 金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。熱を伝えやすく、清潔で、厚みもうすくでき、 永く快適にご使用いただけます。